浮気調査の基礎知識

確実なる証拠

浮気調査の最終的な目標は、不貞行為の証拠を取得することです。
浮気をしていることが分かっても、証拠がなければ相手を問い詰めたり離婚をする際の有力な武器になりません。

具体的な不貞行為の証拠とは、

・浮気相手と一緒にラブテルに入ったり出た瞬間の写真
・浮気相手とクルマの中で性行為の及んでいる写真

などが上げられます。

単に一緒にいるだけの写真はいくらでも言い訳のしようがあるので、あまり有力な証拠とは言えません。
また、違法な手段により取得した証拠や、捏造が簡単に出来るようなデータも証拠としては扱えません。

依頼者に求められること

また、そのような調査を完遂するためには、浮気調査をしている間依頼者の方に守っていただかなければならないことがあります。それは、対象者に浮気調査を行っていることが気付かれるような行動をとらないように心がけることです。

領収書や写真、手紙、手帳のメモなど、対象者にバレない程度で取得できそうな証拠は残しておかれると調査での取得証拠に加えて
より強力な証拠になりますが、必要以上に証拠を取得しようとして対象者に気付かれたり、自分で尾行したりして相手に警戒心を持たせるような行動はとらないようにしましょう。

もちろん、浮気調査を依頼していることを対象者にバラすことはもってのほかです。

判断できるのは、あなただけ。

プロの腕前を信じて浮気しているかどうかという判断のみをご自分で行われるのが最もベストです。